Welcome to SHU for Ladies !

Sakagura

2016年酒蔵の皆さま▲2016年の酒蔵の皆さま

阿部酒造 株式会社

第2回『SHU for Ladies』イベントでお世話になる『阿部酒造 株式会社』は、1804 年創業です。
当蔵は代々家の当主が酒造りを行う内杜氏というシステムで酒造りを行ってきました。その為、今まで杜氏という肩書で外部から酒造りをしてもらう方を呼んでもらうことはありませんでした。
また、平成に入り、5 代目の代で酒造から酒販店という形を主体にしており、25BY では50 石まで製造を減らし、あと数年で蔵を閉じる予定でした。
そこから現在6 代目が蔵に戻り再度酒造一本として動くような舵を切り始めています。
◇ホームページ
 http://www.abesyuzou.jp/

阿部酒造株式会社

 

尾崎酒造 株式会社

第2回『SHU for Ladies』イベントでお世話になる『尾崎酒造株式会社』は、自然豊かな土地に在ります。
蔵の目の前が雄大な日本海が広がり、夏には真っ赤で綺麗な夕日を見ることが出来ます。その日本海を制していた安東水軍。今でいう海賊が私どもの代表銘柄です。
そして、もう一つが、世界自然遺産に登録されている白神山地です。その白神山地から湧き出る水が蔵の裏手まで流れ出、それを酒造りの仕込み水として利用しています。
代表銘柄の安東水軍の力強い名前に反し、白神山地の軟水のおかげで、味がしっかりしているものの、後味のキレが良く、とても飲みやすいお酒になっています。宜しければ、一度お越し下さい。
◇ホームページ
 http://www.ozakishuzo.com/

尾崎酒造株式会社

 

豊島屋酒造 株式会社

第2回『SHU for Ladies』イベントでお世話になる『豊島屋酒造株式会社』は、今年で創業四二〇年をむかえ、居酒屋の元祖とも言われる豊島屋。
その流れを汲む豊島屋酒造は数少ない東京都内にある蔵元で、醸造するお酒は「江戸・東京の地酒」として多くの人たちに親しまれています。 今回のイベントを通し、他県に負けない美味しい「江戸・東京の地酒」を皆様に味わって頂ければ幸いです。
◇ホームページ
 http://www.toshimayasyuzou.co.jp/

豊島屋酒造株式会社

 

藤井酒造 株式会社

第2回『SHU for Ladies』イベントでお世話になる『藤井酒造株式会社』は、1863年、私たちの祖先である初代・善七は、良質の仕込み水に恵まれた竹原の地を酒造りに適した土地と見極め、酒造業を興しました。
竹原は、穏やかな瀬戸内の海に面しており、かつては製塩業でも栄えた風光明媚な町。別名『安芸の小京都』とも呼ばれ、木造の古い日本建築が軒を連ねる美しい町並みや歴史ある神社仏閣も昔のままの姿をとどめています。竹原は、今も地下水を水道水として使用しているほど清冽な水に恵まれた土地であり、同時に豊富な海の幸を得て豊かな食文化も築かれてきました。その自然の恵みを生かした酒造りを続けて百五十余年。私たちの蔵は、たくさんの量を生産する蔵ではありませんが、だからこそ自分たちにしかできない酒造りを続けたい。小さい規模であっても、日本酒という大樹の幹を支える存在でありたいと願っています。
◇ホームページ
 http://www.fujiishuzou.com/

藤井酒造

 

聖酒造 株式会社

第2回『SHU for Ladies』イベントでお世話になる『聖酒造株式会社』は、天保12年(1841年)創業
 銘柄 「聖」
 江戸末期より酒造りをはじめ私で8代目となります。
 酒造りは社員全員で行っており、当時は父親である今井健介が務めております。
 酸と甘みの複雑なバランスに重点を置いており、淡麗ではありませんが余韻の残る酒、感動できる酒をめざしています。
酒米は群馬県産「若水」兵庫県「山田錦」滋賀県「渡舟」をベース仕込んでいます。
◇ホームページ
 http://www.hijiri-sake.co.jp/index.html

聖酒造株式会社

 

永井酒造株式会社

第2回『SHU for Ladies』イベントでお世話になる『永井酒造株式会社』は、 明治19年、初代当主永井庄治がこの水に出会い、酒造りを始めました。群馬県最北部に降る豊富な雪や雨が尾瀬の大地にゆっくりと濾過され、ここ川場村の地で汲み上げられます。その水は、口に含んだときにフワッ膨らみ、喉を通した後にほのかな甘みが口中に広がるような感覚を与えてくれます。
 弊社では、昔から受け継がれてきた蔵人の伝統と技とによって、この水の特徴を十分に引き出すような酒造りを行なっております。平成6年12月には『水芭蕉蔵』を新設し、古いものと新しいものの融合の中、更なる品質向上に努めて参ります。
◇ホームページ
 http://www.mizubasho.jp/

永井酒造

 


株式会社 一ノ蔵

第1回『SHU for Ladies』イベントでお世話になりました『株式会社一ノ蔵』は、宮城県北部の大崎市にある酒蔵で、昭和48年(1973年)宮城県内4蔵元(浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店)の企業合同により創業しました。
昭和60年(1985年)低アルコール清酒の販売を開始、その後、平成8年 (1996年)発泡性清酒を開発、販売開始しました。
現在でも、伝統の技術を継承し、「手づくり」を堅持し、良質の酒を正直に造りつづけています。
Facebookページが「一ノ蔵」と「すず音」にそれぞれございます。

◇会社概要
株式会社 一ノ蔵
〒987-1393 宮城県大崎市松山千石字大欅14
TEL 0229-55-3322
代表取締役 鈴木 整

◇一ノ蔵酒造Web
http://www.ichinokura.co.jp/

◇facebookページ
"一ノ蔵" : https://www.facebook.com/Ichinokura.Sake/
"すず音" : https://www.facebook.com/suzune.sake/

一ノ蔵

 

小澤酒造 株式会社

第1回『SHU for Ladies』イベントでお世話になりました「澤乃井」は、昔の所在地名の「沢井村」に因んで命名したもので、「沢井」という地名には、豊かな名水が沢となって流れるという意味があります。
「澤乃井」の信条は、秩父古生層の岩盤を掘り抜いた洞窟の奥から湧き出づる仕込水、連なる山々と豊かな緑、澄み切った奥多摩の空気、選りすぐった原料米、磨き上げた技。それらを結集し、真心と研鑽努力で一滴の美酒として仕上げています。
現在では、お客様との直接のふれあいを求めて積極的に酒蔵見学を行っています。

◇会社概要
小澤酒造 株式会社
〒198-0172 東京都青梅市沢井2-770
TEL 0428-78-8215
代表取締役社長 小澤 順一郎

◇小澤酒造Web
http://www.sawanoi-sake.com/

小澤酒造

 

数馬酒造 株式会社

第1回『SHU for Ladies』イベントでお世話になりました『数馬酒造株式会社』は、明治2年創業。醸しの里、石川県能登町を代表する日本酒の銘柄「竹葉 (ちくは)」を醸造する酒造です。江戸時代までは味噌や醤油(奥能登伝統の魚醤「いしり」) を製造していましたが、その仕込み水が酒造りに適していたため酒造りを始めました。醸造する唯一の 銘柄「竹葉」は、能登の米と能登の水を使い、能登流の技が仕込む、純能登産の銘酒です。
こだわり。米を磨ぎ、蔵を洗う。心を磨き、酒を醸す。
今もこの言葉を守り、地元に感謝し、蔵元と蔵人が自分を鍛え磨く。これが数馬のこだわりです。

◇会社概要
蔵元 數馬 嘉一郎
〒927-0433 石川県鳳珠郡能都町字宇出津へ字36番地
TEL 0768-62-1200

◇数馬酒造Web
http://www.chikuha.co.jp/

数馬酒造

近藤酒造 株式会社

第1回『SHU for Ladies』イベントでお世話になりました近藤酒造株式会社は、群馬県のほぼ中央に位置する赤城山の麓のみどり市にあり、水も良く、気候も朝晩は冷え、日中は暖かいという酒造りに適した場所です。群馬県の淡麗辛口を代表する『赤城山』。お酒に対するこだわりを持った杜氏と職人の手によって生まれています。

◇会社概要
『近藤酒造 株式会社』
〒376-0101 群馬県みどり市大間々町大間々1002
TEL.0277-72-2221
代表取締役社長 近藤 新一郎

◇近藤酒造Web
http://www.akagisan.com/

近藤酒造

 

御前酒蔵元 株式会社 辻本店

第1回『SHU for Ladies』イベントでお世話になりました「辻本店」は、岡山県北部の真庭市という、寒冷な気候、良質の酒米と水という、酒造りの好条件に恵まれた環境にある酒蔵です。酒質の特徴は、すっきりとした辛口が持ち味。
文化元年(1804年)酒造業を創業。当時は三浦藩御用達の献上酒として「御膳酒」の銘(現在の銘柄の由来)を受け、一般には「萬悦」の銘柄で親しまれていました。

◇会社概要
株式会社 辻本店
〒717-0013 岡山県真庭市勝山116
TEL 0867-44-3155
代表取締役 辻 総一郎

◇辻本店Web
http://www.gozenshu.co.jp/

辻本店

 

藤井酒造 株式会社

第1回『SHU for Ladies』イベントでお世話になりました藤井酒造は江戸時代の古い町並み(国指定伝統的建造物群保存地区)が今に残り、塩田と酒の町として栄えた広島県竹原で文久三年(1863年)に創業した酒蔵です。
創業以来の酒銘である「龍勢」は、明治40年に開催された第1回全国清酒品評会で日本一に輝き、広島酒の優秀さを全国に広めました。自醸造は全量純米酒のみを造る純米蔵として、現在も伝統の味を守り続けています。

◇ 会社概要
藤井酒造 株式会社
〒725-0022 広島県竹原市本町3丁目4-14
TEL 0846-22-2029
代表取締役 藤井 善文

◇藤井酒造Web
http://www.fujiishuzou.com/

◇藤井酒造Online Shop
http://ryuseisake.theshop.jp/

藤井酒造

 

株式会社 吉田酒造

第1回『SHU for Ladies』イベントでお世話になりました『株式会社吉田酒造』は、石川県白山市安吉町にある酒蔵です。安吉町は、手取扇状地のほぼ中央に位置し現在は静かな田園地帯です。明治以前から酒造りが盛んな地域で10軒以上の蔵がありましたが、今では吉田酒造1社を残すのみとなりました。明治3年(1870年)に創業し、これまでの145年間、伝統の酒造りの継承と常に進化も考えながら差がづくりに励んでいます。
最近10年間は能登杜氏の伝統の技と社員蔵人によるコラボレーションにより、伝統の伝承と後継者育成に努めながら、毎年新たなチャレンジもしています。一時の流行だけではなく、長く愛されるお酒を目指しています。

◇会社概要
株式会社 吉田酒造店
〒924-0843 石川県白山市安吉町41
TEL 076-276-3311(代)
代表取締役社長 吉田 隆一

◇吉田酒造Web
http://www.tedorigawa.com/

吉田酒造

PAGETOP
Copyright © 2014-2016 SHU for Ladies All Rights Reserved.